手を繋いだカップル

別れるか?

それとも、付き合い続けるか?

その二択で悩み、真剣に考えた上で別れを決めた人の気持ちを一瞬で変える方法はありません。

「復縁は考えられない」と思っている状態から少しずつ気持ちを溶かしていき、最終的に「もう一度やり直したい」と思ってもらえるように進めていくのが、復縁を成功させる重要なポイントになります。

では、そのためにはどんなことをしていけばいいのでしょうか?

復縁成功までの流れについて解説します。

復縁を実現させるために必要な7つのプロセス

復縁を成功させるためには、以下の7つのプロセスが必要になります。

  1. 冷却期間を置く
  2. 自分の気持ちを理解してもらおうとしないこと
  3. 別れの原因を見極め、真剣に向き合い、あなた自身が変わる
  4. 警戒心を解く
  5. 連絡が取れる状況を作る
  6. LINEやメールでアプローチはできない、会ったときが勝負
  7. 好意を見せることも忘れてはいけない

1.冷却期間を置く

振られたとき、相手の言い分を黙って受け入れる必要はありません。

「別れよう」

「うん、分かった」

こんなやり取り、馬鹿げていると思いませんか?

好きなのに、別れたくないのに、相手が決めたことに従うだけで、話し合いもせずに別れを受け入れるのが、復縁をする上でプラスに働くわけではありません。

相手の本気度も分かりませんし、勘違いやすれ違いから一時的に感情が不安定になっているだけかもしれないので、まずはちゃんと自分の気持ちを伝えることを忘れないようにしてください。

しかし、そこで相手の決意が本物だと分かったら、お互いが冷静になるために時間を置かなければなりません。パニック状態で「嫌だ、嫌だ」と駄々をこねても、相手の気持ちが変わることはないでしょう。あなたが押し続けても、自分のことしか考えない人と思われ、状況は悪化するだけです。

また、振った人にも気まずさがあります。好きだった人を突き放すのは、本当につらいことです。そこで何度も復縁を迫られ、何度も拒まなければいけない状況になれば、相手も冷静ではいられなくなります。

2人が心を開き、ちゃんと向き合って対話ができるようになるまでは、状況によって数日~数ヶ月の冷却期間を置く必要があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事復縁を成功させるために冷却期間が必要な理由と正しい過ごし方を解説

2.自分の気持ちを理解してもらおうとしないこと

復縁を目指している人は、どうすれば自分の気持ちが伝わるのか?どうすれば理解してもらえるのか?ということを一番に考えがちです。

でも、よく考えてみてください。

別れを告げられたとき、あなたはちゃんと自分の気持ちを伝えたのではないでしょうか?

そうであれば、

  • 好きだということ
  • 別れたくないこと
  • 反省していること
  • 変わろうとしていること
  • これからも一緒にいたいこと

などは、その時点ですでに伝わっているはずです。

それでも復縁を受け入れてもらえないのは、それだけの理由があるからです。口先だけで何かを必死に伝えようとしても、相手の心には全く響きません。

分かりますか?

今さら自分が大切にされていることを実感したいわけではないんです。愛されていることを再確認したくて別れを切り出したわけでもないんです。

そういう人も中にはいるかもしれませんが、その場合は、あなたから「好き」や「別れたくない」という言葉を聞けば、すぐに別れを撤回してくれます。

でも、どうですか?

あなたも最初は少なからずそういう期待を抱いていたかもしれませんが、現実は全然違ったのではないでしょうか?

だとしたら、「相手が求めているのはそんなことではない」ということです。

また、自分の気持ちを理解してほしいと思っているのは、相手も同じです。どちらかというと、あなた以上にその気持ちは大きいと思います。

いろんなシグナルを出しながらも、それを察知してくれることもなく、「いつか伝わるかもしれない」とわずかな希望を持ち続けながらより良い関係を築こうとしていたのに、何も改善されないまま我慢してきたその結果が、今回別れに繋がったということを分かってほしいと思っているはずです。

そして、その原因を作ったのはあなたです。

もちろん、あなたにも言いたいことや思うところはあるでしょう。良かれと思ってやっていたこともあるかもしれません。しかし、別れを選んだのが相手である以上、その現実を受け入れなければなりません。

それなのにいつまでも気持ちを理解してもらおうとしていると、自分のことしか考えていないと思われ、相手との隔たりが大きくなります。

「それって違うんじゃないの?」と違和感を覚える人がほとんどだと思います。

それでは自ら復縁への道を閉ざすことにもなりかねません。

3.別れの原因を見極め、真剣に向き合い、あなた自身が変わる

なぜ相手は別れを決意したのか?

それには必ず原因があります。

そしてその原因が取り除かれない限り、相手に復縁という選択をしてもらうことはできません。たとえヨリを戻すことができたとしても、別れる直前の状態に戻ったところで上手くいくことはないと思います。「やっぱり無理だ」と思われ、あなたの嫌なところを再確認するだけです。

ネットで即効性のある復縁テクニックを探している人が多いと思いますが、テクニックだけで誤魔化しながら一時的に感情を動かすことができても、魔法が解けるのもあっという間です。

いくら同じ過ちを繰り返さないように気をつけていても、人間は簡単に変われるものではありませんし、あなたのことをよく知っている相手にはすべて見透かされるでしょう。

人としての変化なくして復縁はできない。

そう思ってください。

しかし、頑張って変わろうとしても、それが無駄な努力に終わっては意味がありません。

今のあなたに求められているのは、復縁に繋がる変化です。

振られた側が復縁する方法として一番重要なのは、自分に足りなかったところ、相手に嫌な思いをさせていたところ、そして別れに直接影響したところを把握した上で、もう一度恋人として受け入れてもらえるように変わることなんです。

そのために重要なのが、別れの原因を見極めることです。

これまで付き合ってきた日々を振り返り、

  • いつも何がきっかけでケンカになったのか?
  • どんな瞬間に相手が無口になったり、機嫌が悪くなったのか?
  • 相手はどんな関係を望んでいたのか?そしてそれにどのくらい応えられていたのか?

など、原因として考えられるものから小さな破片を寄せ集め、徹底的にあぶり出し、相手が別れを決めた本当の原因を見極めてください。

それが分かれば、あなたが復縁のためにどう変わればいいのか、そのためには何をすればいいのか、という答えが見えてくると思います。

冷却期間というのは、ただ時間を置くのではなく、あなた自身が変わり、より魅力的になるための準備をする期間です。無駄な時間を過ごしていても復縁はできないので、勘違いしないようにしてください。

参考記事復縁を成功させるために冷却期間が必要な理由と正しい過ごし方を解説

今はつらいと思いますが、どうせ糸が切れるか切れないかのところでギリギリ繋がっているような状態で付き合い続けていたとしても、関係が終わるのは時間の問題だったと思うので、この別れはあなたに変われるチャンスをくれたと言ってもいいのではないでしょうか?

あなたはどう思いますか?

4.警戒心を解く

アプローチを始めるとき、いきなり気に入られようとして優しさや気遣いをアピールする人がいますが、必ずと言っていいほど、わざとらしく、押し付けがましい、自己満足のアプローチになってしまいます。

出会ったばかりの人にはそれでも効果を発揮すると思いますが、別れた人からいきなり優しくされても、それを素直に受け取ることはできません。ほとんどの場合、間接的にあなたの未練が伝わり、相手を戸惑わせてしまうでしょう。

まず考えなければいけないのは、警戒心を解くことです。

別れたあと、元カレや元カノのことを全く警戒していない人はいないと思います。特に、振られたときにしつこく縋ってしまったのであれば、連絡が来るたび、会うたびに、「また復縁の話になるかも…」と必ず心のどこかで警戒しているはずです。

ただでさえ自分が振った人と接するのは気まずいのに、何度も「別れたくない」と言われ、そのたびに断っていると、これ以上あなたのことを傷付けたくないという気持ちから、同じやり取りをしないで済むように避けるようになるのも不思議ではありません。

しかしその警戒心がある間は、常に一歩引いて一定の距離感を保とうとするので、大きく感情を動かすことはできないでしょう。

基本的なことですが、最初のうちは絶対に言葉や行動であなたの未練が伝わらないように気をつけてください。

優しさをアピールする必要はありません。好きになってもらおうという気持ちも捨てて、友達と同じように接することが警戒心を解くポイントになります。

5.連絡が取れる状況を作る

メールやラインなど、連絡を取る手段がなければ、接点を作ることができません。いくら完璧な準備ができたとしても、音信不通の状況では次のステップに進むことができませんからね。

警戒心を解き、心を開いてもらうためにも、距離を縮めて友達関係を築くためにも、会うきっかけを作るためにも、まずは連絡が取れる状況を作り出すことがアプローチを始めるための最初の一歩になるので、復縁を目指すなら絶対に避けては通れません。

しかし、ここでつまづき、次の一手が打てずに諦めていく人が多いのも事実です。

振った側には少なからず罪悪感がある状態なので、自分が振った相手から連絡が来れば、どうしても戸惑ってしまいます。

  • 元恋人としてどんな風に接したらいいのか?
  • どういう立場で返せばいいのか?
  • 何を話せばいいのか?

そこで悩む人がほとんどだと思います。そして、悩むと行動をやめます。

これから先、どんな展開が待っているかも分かりません。「また復縁を迫られるかもしれない」という警戒心も常にあるはずです。

もし本当にそうなれば、また自分が悪者にならなければなりません。あなたを傷付けることになるのが分かっているのに、何度も断らないといけなくなるわけです。

面倒なことは避けたいと思うのは当然の反応だと思います。

そんな状況でスムーズなやり取りを目指すためには、以下の2つの記事を参考にしてみてください。

参考記事LINE?メール?電話?復縁をするための連絡手段で最適なのはどれ?

参考記事【元彼・元カノと連絡が取れるようになる方法】返信をもらうための重要なポイントを解説!

また、連絡が取れない場合や、別れを考え直してもらうために自分の想いを伝える手段として手紙を選択する人もいるのですが、状況によっては逆効果になることもあります。

手紙を送ろうか迷っている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事復縁の可能性を高める正しい手紙の書き方と注意点

6.メールやラインで効果的なアプローチはできない、会ったときが勝負

メールの返信をもらったり、やり取りを続けることに関しては、送る内容やタイミング次第でどうにでもなります。時間が解決してくれることもありますし、ちゃんと目的が分かる内容、返信の必要性を感じさせる内容を送れば、無視されるということはほとんどないはずです。

問題は、そのままダラダラと連絡を取り続け、メールやラインだけで復縁というゴールを目指してしまうことです。

それでも気軽にやり取りができるようになれば、付き合っていた頃のような状態に戻れたという錯覚に陥るかもしれませんが、所詮文字だけでは2人の間にある壁が完全になくなることはありません。感情を大きく動かすこともできず、友達で終わる可能性が高くなります。

連絡を取っているうちに、「このままだと勘違いさせてしまうかも…」「こういう関係はよくないな…」と、改めて距離を置こうとする人も少なくないんです。

確実に関係を前進させ、復縁をグッと近づけるためには、早い段階で会って勝負をかける必要があります。

連絡を取っていても、そこで変化を感じさせることはできませんし、信用もしてもらえません。たとえ距離が縮まったとしても、不信感を拭うことはできないと思います。

ちゃんと顔を合わせながら会話をして、表情や声、見た目、雰囲気、話の内容などから変化を汲み取ってもらわないといけないわけです。

さらに同じ時間を共有して、懐かしさや安心感を与え、落ち着ける空間を作ってあげることで、本当に心を開いてもらえるようになり、改めて異性として気になる存在になれるわけです。

しっかりと準備をした上で、ここで正しく変化や魅力を感じさせることができれば、復縁を拒んでいる大きな障害がなくなります。

この段階で復縁の成功はほぼ確実です。あとは、あなたがそのきっかけを作り、背中を押してあげるだけ。相手が戻ってきてくれるのも時間の問題です。

7.好意を見せることも忘れてはいけない

未練が伝わらないように素っ気ない態度をとったり、わざと冷たくしたりする人がいますが、それは違います。

そんなことをしても意地の張り合いになるだけで、関係は一向に改善しませんし、相手が次に進むのを後押しすることにもなりかねないんです。

未練と好意を勘違いしてはいけません。元カレや元カノに対してもちゃんと好意は見せるようにしてください。

  • 笑顔で接すること
  • 明るく対応すること
  • 連絡から来れば素直に返信すること
  • さり気なく褒めること

このくらいはビビらずにできないとダメです。

そして友達関係ができてからは、軽くボディタッチをしたり、「楽しかった」「嬉しかった」など、その時々の感情をはっきりと口にして、もう一歩踏み込んで好意を見せるようにしてください。そうすることで、異性として改めて意識してもらえるようになります。

「自分に好意がある人」と「自分のことを避けている人」

どちらが気になる存在になれるか、それは言うまでもありませんよね?

ねちっこく未練を感じさせるのは絶対にNGですが、別れたあとでも好意を見せることは大切だということを頭に入れておいてください。

相手と接するときに意識してほしいことについては以下の記事でも詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

参考記事【復縁できる接し方】元彼や元カノと会うときに意識してほしい9つのポイントを解説!

復縁をして幸せになるために

このように復縁を成功させるためには様々なプロセスが必要で、一つひとつを確実にクリアしていかなくてはなりません。

そして正しい流れで進め、もう一度好きになってもらい、相手にも心から復縁を望んでもらえるようにアプローチをしていかなくてはなりません。

当サイトは、自分だけが幸せになれればいいという自分勝手な復縁ではなく、『2人が幸せになれる復縁をすること』を目的としているので、同じゴールを目指したい方は少しでも参考にしていただき、一度失った大切な人を取り戻して幸せを掴んでほしいと思います。

元々恋愛感情を抱いてくれていた人から再び好きになってもらうのは、そんなに難しいことではありません。あとはあなたが行動を始め、相手が復縁を決意できる状況を作ってあげるだけです。