砂浜に書いたハート

交際期間が短いと復縁は難しいのでしょうか?

こういった質問を受けることがよくあります。

たぶん、このようなイメージを持っている人が多いと思います。

そして、自分の場合はどうなのか、と気になっていると思います。

ここでは、交際期間が半年以内だった場合の復縁について解説します。

交際期間で復縁できる可能性が変わるわけではない

まず結論から。

交際期間が短いからといって復縁が難しくなるわけではありません。

不利だと思われがちですが、交際期間が短くても復縁できる人はたくさんいます。逆に、何年も付き合っていたのに復縁できない人もたくさんいます。

結局は、状況次第です。

では、それぞれどういう状況だと復縁できる可能性が高いのでしょうか?

交際期間が短くても復縁できる可能性が高いケース

交際期間が短くても復縁できる可能性が高いのは、以下のようなケースです。

  • 相手から告白されて付き合った。
  • 短い期間だけど、ちゃんと自分のことを好きなってくれたという実感がある。
  • 別れの原因がはっきりしている。
  • 交際期間が3か月以上。

では、一つひとつ解説しています。

相手から告白されて付き合った

自分のことを好きでいてくれたかどうか。

復縁をするための絶対条件です。

そもそもそんなに好きではなかった、好きになれなかった、という場合は、復縁は難しいです。というより、一から好きになってもらう必要があります。

でも、相手から告白された付き合ったのであれば、少なくともあなたのことが好きだったと判断できます。

まず、復縁をするための絶対条件はクリアできています。

短い期間だけど、ちゃんと自分のことを好きでいてくれたという実感がある

これは主観でしか判断できない部分ですが、短い期間であれ、ちゃんと自分のことを好きでいてくれたという実感があるかどうかも重要です。

  • 好きだということを伝えてくれた
  • 一緒にいて楽しそうにしていた
  • 相手から連絡が来ることや「会いたい」と言われることが何度もあった。

こういったものが一つの目安になると思います。

楽しく過ごせた期間がどのくらいあるか。

そこでも判断できるかもしれません。

別れるまでの間にラブラブな期間が長かった場合ほど、自分のことを好きでいてくれたと判断していいと思います。

逆に、付き合い始めの頃から一緒にいても楽しくなさそうだったり、あまり連絡を取ることも会うこともなかったりした場合は、付き合ってはみたものの、あまり好きにはなれなかった可能性があります。

ラブラブな期間が短くて、すぐに相手の気持ちが冷めたように感じた場合も同じです。

こういった場合は、復縁は難しいかもしれません。

復縁をするための絶対条件をクリアできたとは言えない状況です。

別れの原因がはっきりしている

なぜ振られたのか?

それがはっきりしている場合は、復縁できる可能性が高くなります。

なぜなら、その原因となった部分を改善することや、誠心誠意謝罪をすることができるからです。

一度は好きになってくれたのであれば、たとえ嫌なところがあったとしても、実際に変わったことに気付いてもらえたらやり直せることが多いです。

自分のどこに非があったのかを分かっていれば、ピンポイントで謝ることができます。誠心誠意謝れば、許してくれることもあります。

逆に、別れの原因が分からなければ、復縁のためにやるべきことも見えてきません。謝ろうにも的を射ないことを言っていたら、「この人は何も分かっていない」とウンザリされるだけです。

交際期間が3か月以上

「交際期間が短い」とはいっても、その期間にはかなり幅があると思います。

2週間という人もいれば、1か月、3か月、半年という人もいるでしょう。

どの期間でも復縁は可能です。

ただ、復縁できる可能性が高いと言えるのは、交際期間が3か月以上のケースです。

それ未満だと復縁が難しくなるのには、以下のような理由が挙げられます。

  1. 本当に好きだったら、合わないところや嫌なところがあっても、3か月は付き合うはずだから。
  2. 最低でも3か月は付き合わないと恋人の本当の良さも分からないはずだから。
  3. 付き合い始めの3か月は普通なら一番楽しくて幸せな時期なのに、その前に別れるということは、よほどの理由があったと考えられるから。
  4. 生理的に受けつけられないようなところがあった可能性もあり、その場合は復縁は困難だから。

すでにお伝えしたとおり、「自分のことを好きでいてくれた」というのは、復縁をするための絶対条件です。

そしてそれをクリアしていたら、合わないと感じることや嫌なところが目につくことがあったとしても、3か月くらいは様子を見るはずです。

そのくらい付き合わないと、恋人の本当の良さも分からないと思います。3か月後なんて、まだまだその人の新たな一面や良いところが見えてくる時期ではないでしょうか?

何をしていても楽しくて、一番幸せな時期でもあると思います。一般的に言われる倦怠期も、まだ先のことだと思います。

それなのにその前に別れるということは、付き合っているのが耐えられなくなるような、よほどの理由があったと考えられます。

食べ方が汚いとか、ちょっとした癖とか、生理的に受け付けないことがあった場合も、これに当てはまります。

そして、そういった理由で振られた場合は、復縁は難しくなります。

交際期間が短い場合の復縁方法

ここまでお伝えしてきた条件をクリアしていれば、復縁できる可能性が高いです。

とはいえ、それはあくまでも可能性が高いというだけです。

別れの原因が分かっていなくても、3か月未満で別れたとしても、復縁は可能です。

1か月しか付き合っていないのに復縁できた人もたくさんいますから。

では、交際期間が短い場合、復縁をするためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは想いを伝えること

短い交際期間で振られた場合は、何かすれ違いや勘違いが原因のことがあります。

何気ない些細な言動が相手を傷つけたり、相手が求めていることに応えられなかったりして、別れを決意する人もあります。

こういったすれ違いや勘違いをなくすためには、まずは自分の気持ちをちゃんと伝えることが重要です。

ここがポイント!

別れの原因として何か少しでも心当たりがあることがあれば、そのことに触れるようにしてください。そうすれば、話をしている中で相手が別れを選んだ理由が見えてきたり、直接教えてくれたりすることもあります。

それが分かれば、相手の気持ちに理解を示すようにしてください。「自分のせいでこんな想いをさせていたんだね。気付けなくてごめんね」という感じで。

こうすることで、すれ違いや勘違いがなくなります。相手は「自分のことを分かってくれた」と感じます。それで復縁できます。

ここに注意!

話し合いをしても復縁を拒まれるのは、一方的に「別れたくない」と伝えたり、「なんで?」「どうして?」と問いただしたりする人です。そういうことはしないように気をつけてください。

冷却期間を置く

想いを伝えても話を聞いても相手の意志が固かった場合は、別れを受け入れるしかありません。

そのあとは、3か月を目安に冷却期間を置くようにしてください。

どんな原因であれ、良くない印象を持たれているのは間違いありません。

そもそもそんなに好きになってもらえていなかったのであれば、すぐに一から好きになってもらうことも難しいです。

ここがポイント!

3か月くらいは時間を置き、警戒心や悪いイメージが薄まった頃にアプローチを始めるようにしてください。

別れの原因が分かっている場合はそこを改善する

冷却期間中には、別れの原因が分かっている場合はそこを改善する努力をしてください。

ここがポイント!

別れて半年もしないうちに別れたくなるほどの原因です。復縁をするためには、その部分を改善し、変化に気付いてもらわなければなりません。

原因が分からない場合は、とにかく付き合っていたときの自分の言動を振り返ってみてください。1つや2つは、思い当たることや反省点が見えてくると思います。冷却期間中にそこを改善するようにしてください。

他にも、より魅力的になったことに気付いてもらうために、外見の自分磨きをすることもお勧めします。

交際期間が短い場合は一から好きになってもらう感覚に近いので、久しぶりに会ったときに見た目でドキッとさせることがポイントになります。

変化をアピールする

冷却期間後は、連絡をして、会う約束を取りつけます。

連絡をするときには以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事【元彼・元カノとの連絡の取り方】復縁をするための重要なポイントを解説!

返信がなかったり、相手の反応が素っ気なかったり、会うのを断られたりしたら、さらに2~3か月は時間を置くようにしてください。まだ警戒されているので、そのくらいは待ったほうがいいと思います。

そして会えるようになったら、会ったときにはさり気なく変化をアピールしてみましょう。

言葉で伝えてもいいですし、行動で示しても構いません。どちらがやりやすいかは原因によって変わってくると思うので、自然に変化を感じさせることができると思うやり方でやれば大丈夫です。

とはいえ、冷却期間中に変わる努力をしていたら、普通に接しているだけで変化は伝わると思います。やり過ぎるとわざとらしくなるので、ほんのちょっとだけ意識していればいいでしょう。

会ったときの接し方については以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事【復縁できる接し方】元彼や元カノと会うときに意識してほしい9つのポイントを解説!

何度か会って好きになってもらう

交際期間が短い場合、復縁をするのに必要なのはこれくらいです。

あとは、気になる異性とデートをする感覚で何度か会ってみてください。

ここがポイント!

最初は2週間に1回くらいを目安にして、少しずつ間隔を縮めていくといいでしょう。相手から誘われた場合は気にせずに会って構いませんし、話の流れで会う雰囲気になったら、2日続けて会ったって構いません。

その中でまたあなたの魅力に気付いてもらえたら、復縁できるはずです。

繰り返しになりますが、交際期間が短い場合は一から好きになってもらう意識を持つ必要があります。

だから、できるだけ毎回新鮮なデートをして、相手に楽しい時間を過ごしてもらうことが重要です。

焦りも禁物です。少なくとも、相手の好意が感じられるまでは時間をかけたほうがいいと思います。

理想は、相手から復縁を申し込んでもらうことです。でも、良い感じになっているのに進展がない場合は、あなたから告白をしてみてください。

復縁を申し込むときの告白の仕方については以下の記事の中で詳しく解説しています。

参考記事【復縁できる告白の仕方】想いを伝えるときに意識してほしいポイントを解説!

まとめ

交際期間が短くても、復縁はできます。

特に以下のようなケースでは復縁できる可能性も高いです。

  • 相手から告白されて付き合った。
  • 短い期間だけど、ちゃんと自分のことを好きなってくれたという実感がある。
  • 別れの原因がはっきりしている。
  • 交際期間が3か月以上。

それ以外のケースでも、ここでお伝えしたことを意識していただければ、今度こそ好きになってもらえる人も少なくないと思います。

ただ、状況によっては難しいこともあります。「この人は無理」と判断された場合や生理的に受け付けないようなことがあった場合などです。

また、それほど難しくないケースでも、間違ったことをしたら復縁できなくなります。

確実に復縁を成功させるには、『復縁7step』に取り組んでみることをお勧めします。

高い成功率が期待でき、普通なら諦めるしかないような状況でも復縁できる方法です。