赤いバラ

復縁を申し込むときには、どんな風に告白をしたらいいのか?

気になっている人も多いと思います。

そんな人のために、復縁を申し込むときの告白の仕方について解説します。

復縁を申し込むときに意識してほしい3つのポイント

復縁を申し込むときには、以下の3つのポイントを意識するようにしてください。

1.別れの原因を理解できていることを伝える

復縁を迫るとき、多くの人は、必死で自分の気持ちを伝えようとします。そして、その気持ちを分かってもらおうとします。なんとかして復縁を受け入れてもらおうとします。

でも、それではダメなんです。

相手の気持ちを無視しているから。

ここに注意!

「復縁したい」「やり直したい」と言うのは、自分がああしたい、こうしたい、と言っているだけです。振られた人が自分の気持ちを押し付けているだけなんですね。

また、振られたときに「別れたくない」と伝えた場合は、あなたの気持ちはすでに相手に伝わっています。復縁を望んでいることも。

改めてその想いを伝えたところで、相手の気持ちが変わる可能性は低いと思います。

それで復縁を受け入れてくれるのは、あなたへの未練が残っていたり、別れてから大切さに気付いたりして、相手も復縁を考えている場合くらいです。

そうではない人に復縁を受け入れてもらうには、別れの原因を理解できているのを伝えることが重要になってきます。

相手が別れを選んだのには、必ず理由があります。別れを決意するに至った原因があるはずなんです。

それをちゃんと理解できている人と、なぜ振られたのか分かっていない人。

相手が「もう一度チャンスをあげてもいいかな?」という気持ちになるのは、どちらだと思いますか?

間違いなく、前者です。

別れの原因を理解できている人なら、もう同じことは繰り返さないかもしれない。変わろうとしてくれるはず。

そういう期待が持てます。

「こっちの気持ちを理解してくれたんだな」とも思うでしょう。

でも、後者だと、どうでしょうか?

なぜ振られたのか分かっていない人とやり直す気になるでしょうか?

自分はあんなに我慢して、別れを決意するまでにたくさん悩んだのに、そのことを理解してくれていない人とよりを戻そうという気持ちになるでしょうか?

答えは、「NO」だと思います。同じことの繰り返しになるのが目に見えていますから。

だから自分の気持ちを伝えるよりも前に、まずは別れの原因を理解できていることを伝える必要があるんです。

具体的には、以下の3つことを意識するようにしてください。

  1. 別れの原因に触れ、自分のどこがいけなかったのか自覚できたことを伝える。
  2. そのせいで相手にどんな想いをさせていたのか、その気持ちに理解を示す。
  3. 付き合っていたときに気付けなかったこと、変われなかったことについて謝る。

例えば、こんな感じで。

付き合っていたときは○○の優しさについ甘えちゃって、自分勝手なことばかり言っていたけど、別れてからこういうところがダメだったんだなってことに気付いたんだよね。

自分のことしか考えていなくて、○○の気持ちを全然分かってあげられなかった。

嫌な思いをさせていたのに気付けなくて、ずっと変われなくて、ごめんね。

ここがポイント!

こんな風に伝えることで、ちゃんと別れと向き合ったことや何が原因だったのかを理解できたこと、自分のダメだったところを自覚できたこと、心から反省していることなどが伝わるんです。

そしてそれが伝わったときに初めて、あなたの言葉に耳を傾けてくれるようになるんです。

「何を言われても無理なものは無理」と頭ごなしに否定している状態から、「あなたの気持ちにも向き合ってあげよう」という状態になるわけです。

「やっぱり好き」「やり直したい」と言うだけより、復縁できる可能性は断然高くなります。

ちなみに、別れの原因が分かっていない場合は、まずはその原因を探すところから始めてください。

今は復縁を申し込むタイミングではありません。相手に未練が残っていない限り、上手くいく可能性は低いと思います。

2.変わろうと努力していることを伝える

変わろうと努力していること、別れてから変わろうと意識して過ごしていたことを伝えるのも重要です。

「これまでのあなたとは違う」「今度こそ変わってくれるかも」と思ってもらえるからです。

別れの原因や自分の問題点を自覚できたこと、反省していることなどが伝われば、あなたの変化を期待させることはできます。

でも、それだけで信用してもらえる状態ではありません。付き合っている間に変わらなかったからです。反省していると謝るだけでは、どうしても疑いの目で見られてしまうんです。

では、どうしたらいいのか?

大事なのは、以下の2つを伝えることです。

  1. その反省を踏まえ、具体的にどうなろうとしているのか?
  2. 別れてからどんなことに気をつけて過ごしていたのか?

それをちゃんと伝えてください。

相手が復縁を考えてくれる可能性はかなり高くなります。

3.あとは自分の素直な想いを伝える

あとは、あなたの気持ちを伝えるだけです。

ここは何も考える必要はありません。

相手への想いや「やり直したい」ということを伝えてください。

  • どんなときに相手の存在の大きさを痛感したのか?
  • なぜその人じゃないとダメなのか?

こういったことにも触れると尚良しです。

ただ、一つだけ注意してほしいことがあります。

絶対に感情的にならないこと。

ここに注意!

「お願いだから」「もう一度チャンスがほしい」と泣きながら訴えかけるようなことは絶対にしないでください。2人の間の温度差が大きくなると相手が引いてしまいますし、「こういう人とはちょっと…」と気持ちが冷めてしまうこともあります。

自然と涙が出てくるのは仕方ありませんが、冷静に想いを伝えることに徹してください。

復縁の告白をするタイミングについて

復縁の成功率を高めるには、告白をするタイミングも重要になってきます。

別れてすぐのタイミングでも、ここでお伝えしたことを実践していただければ、よりを戻せる可能性は高くなると思います。一方的に自分の気持ちを押し付けることしかできていない人は特に。

ただ、別れと向き合う時間やあなたが変わるための時間がないため、本当に原因を理解できたのか、本当に変わろうとしているのか、という疑問を持つ人は多いと思います。

今すぐに想いを伝えたい人もいるかもしれません。

でも、最低でも1か月くらいは、あなたが変わるための時間を置いたほうがいいでしょう。

一番成功率が高くなるのは、その後何度か会い、実際に変化を感じさせ、相手の反応や接し方が変わってからです。

正しいアプローチをしていれば、相手の気持ちが変わったのが必ず伝わってきます。

相手から誘われるようになったとか、優しくなったとか、付き合っていた頃のように接してくれるようになったとか、好意があると受け取れるようなことを言われるようになったとか。

そのタイミングで告白をすれば、ほぼ確実に復縁できるでしょう。

会って直接伝えるのがベスト

相手と会える状況なら、直接会って告白をするのがベストです。心から反省していることや変わろうとしていること、相手への想いなど、あなたの声や表情から伝わるものもあるからです。

相手の顔が見えるのも大きいと思います。

会っていれば変化に気付いてもらえる可能性もあります。その上で言葉でも伝えれば、本気で変わろうと努力していたことを信じてもらえるはずです。

会える状況ではない場合は、メール、LINE、電話、手紙のどれでも構いません。

どれでも成功率が変わることはないので、あなたが告白をしやすいものを選んでください。

ただ、相手の性格は考慮したほうがいいでしょう。

「そういう大事なことは電話で言うべき」と考える人なら、電話で伝えるべきです。

逆に電話が苦手な人もいます。何かをしているときに電話がかかってきて邪魔をされるのを嫌う人もいます。相手がそういう人なら、メールかLINEか手紙がいいと思います。

そのあたりのことはあなたが一番よく分かっていると思います。その感覚を信じてください。

復縁の告白の仕方についてのまとめ

復縁を申し込むときの告白の仕方についてお伝えしました。

  1. 別れの原因を理解できていることを伝える。
  2. 変わろうと努力していることを伝える。
  3. あとは自分の素直な想いを伝える。

この3つを意識していただければ、復縁を受け入れてもらえる可能性は高くなるでしょう。

あとはタイミングを見極めることも重要です。

すぐに復縁できることもあるかもしれませんが、別れた直後だと相手も冷静さを失っていることがあります。意地になっていて、何を言っても復縁を拒まれることもあります。

できれば、以前のようにやり取りをすることや気軽に会うことができるまで待つことをおすすめします。

とにかく早く復縁したい人は、その方法を解説した記事がありますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事【早く復縁できる方法】短期間でよりを戻すための重要なポイントを解説!