スマートフォン

「連絡を取りたいけど、そうしたら復縁の可能性がなくなるんじゃないかと不安…」

そんな不安を感じている人も多いと思います。

別れたあと、元彼や元カノに自分から連絡をしてもいいのか?

それとも、距離を置くためにも、しばらくは我慢したほうがいいのか?

そのことについて解説したいと思います。

連絡をしてもいいケース

まず結論からお伝えすると、状況次第では自分から連絡をしても問題ありません。

それは、以下のようなケースの場合です。

別れたときにちゃんと気持ちを伝えていなかった場合

相手から振られたのだとしたら、ほとんどの人はそのときに自分の気持ちを伝えたと思います。「別れたくない」と。

でも中には、自分の気持ちを伝えないまま別れを受け入れた人もいると思います。意地になっていたり、怒っていたり、そのときは自分も別れたいという気持ちになっていたりして。

だけど、やっぱり別れたくない。

そう思ったときには、何も気にせずに今すぐ気持ちを伝えてください。もし相手にも未練があった場合は別れずに済む可能性もありますから。

そのことについては以下の記事の中でも詳しくお伝えしていますので、こちらも参考にしてみてください。

参考記事別れずに済むかも?振られたらまずやるべきこととは?

自分から振ったけど復縁したい場合

自分から振ったけど、やり直したい。

この場合も、すぐに連絡をしてその想いを伝えるべきです。

まぁ、言われなくてもそうしますよね。

相手にも「別れたくない」「やり直したい」という気持ちがあれば、すぐによりを戻せるでしょう。

明確な用件がある場合

明確な用件がある場合も連絡をして構いません。

  • 聞きたいことや確認したいことがある。
  • 急用がある。

こういう場合に連絡をするのは、どんな状況であれ自然なことです。「だから連絡をしてきたのか」ということが伝われば、相手だって不審には思いませんし、それで状況が悪くなることもありません。

ダメなのは、なんで連絡をしてきたのか分からない場合です。

ここに注意!

「元気?」「仕事忙しい?」「体に気をつけてね」と、なんの用件もないのに連絡をすれば、相手は警戒します。何より、なんて返したらいいのか困ると思います。

なぜ連絡をしてきたのか?

それがはっきり伝わる用件なら、タイミングを気にする必要はありません。

連絡をしないほうがいいケース

逆に連絡をしないほうがいいのは、以下のような場合です。

復縁を拒まれているけど、もう一度気持ちを伝えたいと思っている場合

別れるときに気持ちを伝え、すでに断られているのに、もう一度気持ちを伝えようとするのはやめてください。「しつこい」と思われる可能性があります。

また、強く未練を感じさせてしまうので、しばらく時間を空けたとしても、連絡をしたときに「また復縁話かも…」と思われ、警戒される可能性が高くなります。

振られた直後で「もう一度冷静に話をしたい」という場合は、別れて1週間以内なら、改めて気持ちを伝えるのは問題ありません。

でも、それ以上時間が経っている場合は、もう別れを受け入れ、連絡をするのも我慢したほうがいいでしょう。

すでに冷却期間に入っている場合

復縁をするためには冷却期間が必要になることがあります。沈黙期間と言う人もいますね。

冷却期間、沈黙期間については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事復縁を成功させるために冷却期間が必要な理由と正しい過ごし方を解説

そしてこの冷却期間中は、相手から連絡が来ない限り、こちらからは極力連絡をしないほうがいいです。

ここに注意!

お互いが冷静になるための期間でもあるのに、こちらから連絡をしてしまうと、また相手の感情が乱れてしまう可能性があるからです。

「なんで急に連絡をしてきたんだろう」「また復縁話か?」と、余計なことを考えさせてしまうので、薄れかけていた警戒心がまた強まることがあるんです。

前述のとおり、明確な用件がある場合は連絡をしても構いませんが、どうしても連絡を取る必要があるとき以外は、冷却期間が終わるまで我慢をしたほうがいいかもしれません。

相手が明らかにあなたのことを避けている場合

「もう連絡してこないで」と言われていたり、すでに連絡を無視されていたり、相手が明らかにあなたのことを避けているような場合も、冷却期間が終わるまで、2~3か月は連絡をしないほうがいいです。

急用がある場合は仕方ありませんが、相手の様子をうかがうために軽い気持ちで連絡をするのはやめてください。

連絡をするときにはLINEかメールが無難

こちらから連絡をするときには、基本的にはLINEかメールで送るようにしてください。

電話だと内容が分かりません。いきなり電話をかけても、人によっては出てくれない可能性もあります。

でもLINEやメールなら、とりあえず内容は確認してもらえる可能性が高いです。

返信の必要性を感じる内容なら、無視されることもないと思います。

そのことについては以下の記事の中で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事LINE?メール?電話?復縁をするための連絡手段で最適なのはどれ?

相手から連絡が来たときには必ず返信をする

こちらから連絡をする場合は、状況によっては我慢をしたほうがいいこともあります。

でも、相手から連絡が来たときにはいつでも応じるようにしてください。

ちゃんとした用件があるのか、ただ連絡を取りたいだけなのか、一人が寂しいのか、暇なのか、相手が連絡をしてきた理由は分かりませんが、あなたに連絡をしたくなったのは間違いありません。

もしかすると、相手にも気持ちが残っていて、復縁を考えているのかもしれません。

そこで無視をするのは何のメリットもないんです。

ちゃんと返信をすることで、関係が進展することもあると思います。

ただ、それをチャンスだと思って距離を縮めようとすると、また警戒され、連絡が取れなくなる可能性があります。

  • 聞かれたことに答える。
  • 相手から振られた話題についてやり取りをする。
  • 近況報告や世間話をする。

こういう対応を心がけてください。

別れたあとに連絡をすることについてのまとめ

連絡をしてもいいケースと我慢したほうがいいケースについてお伝えしてきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

「連絡したい」と思っている人の参考になったのであれば幸いです。

もし連絡をする場合は、そのときのポイントや注意点を以下の記事でまとめているので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事【元彼・元カノと連絡が取れるようになる方法】返信をもらうための重要なポイントを解説!