手をつなぐ男女の手

すぐにでも復縁したい

別れたあとは、誰もがそう思うのではないでしょうか?

実際にすぐ復縁できる人はいます。

でも、時間がかかる人もいます。

自分はすぐ復縁できる状況なのか?

それが気になっている人も多いと思います。

ここでは、すぐ復縁できる可能性がある状況と、すぐに復縁をしたい人がやるべきこととやってはいけないことについて解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

別れてすぐ復縁できる可能性があるケース

別れてすぐ復縁できる可能性があるのは、以下のようなケースです。

  • 自分から別れを告げた
  • ケンカ別れをした
  • これまでにも別れと復縁を経験している
  • 別れたあとも連絡を取り合っている
  • すぐに別れを受け入れた
  • 振った側の事情で別れることになった
  • 別れの原因を具体的に言われた
  • 交際期間が長かった
  • 相手があなたに依存していた
  • 自分の浮気が原因で振られた

では、一つひとつ解説していきます。

自分から別れを告げた

「自分から別れを告げたけど、やっぱりよりを戻したい」

この場合、相手に別れたくないという気持ちがあれば、こちらから復縁を申し出たらすぐによりを戻せると思います。

復縁を望んでいるのなら、できるだけ早くそのことを伝えるべきです。

時間が経つと、相手が別れを受け入れ、次に進もうと心に決める可能性があるからです。

そうなると断られることもあるので、すぐにでも復縁を申し込むことをおすすめします。

ケンカ別れをした

ケンカをして、その流れで別れることになった。

この場合、一時的な感情によって突発的に別れを決意した可能性があります。

本気で別れるつもりはなかったけど、つい口にしてしまった。

こういうケースが多いんですね。

冷静さを失うと、思ってもないことを口にしてしまうことがあると思います。それと同じです。

お互いが冷静になれたタイミングで謝罪をすれば、すぐよりを戻せると思います。

ただ、相手が以前から別れを考えていた場合は難しいかもしれません。

今回のケンカで不満が爆発し、それがきっかけとなって気持ちが固まったのだとしたら、時間が必要になると思います。

これまでにも別れと復縁を経験している

今回が初めての別れではなく、これまでにも別れと復縁を経験している。

こういうカップルは、どちらかが、もしくはお互いが、優柔不断な性格であることが多いです。

そういう人は、何か理由があって別れを決意するけど、やっぱり離れられない、となるので、何度も別れと復縁を繰り返す傾向があります。

今回もすぐ復縁できるかもしれません。

別れたあとも連絡を取り合っている

別れたあとも連絡を取り合ったり、会ったり、付き合っていたときと変わらない関係が続いている場合は、まだ相手に未練が残っているのかもしれません。

もしくは、本当に別れるべきなのか悩んでいるか。

この場合は、特に対応の仕方を変える必要はありません。これまで通りの関係を続けていたら、すぐに相手から復縁を申し込んでもらえる可能性がある状況です。

しばらくしても進展がなかったら、少しだけ相手との距離感を変えてみるといいでしょう。返信頻度を落とすとか、誘われても断る日を作るとか。

そうすることで、「このままだったら本当に終わってしまう」と思わせることができます。

相手がアクションを起こしてくれるかもしれません。

すぐに別れを受け入れた

振られたとき、多くの人は、泣きながらすがったり、翌日以降も何度も復縁を迫ったりします。

でも、それは自然なことだと思います。なんとかして別れを回避しようとしているだけで、別に悪いことではありません。

ただ、それによって相手を困らせるのも事実です。警戒される要因にもなります。

そんな中、相手の意志の固さを確認し、「これ以上何を言っても状況を悪化させるだけだ」と判断できる人もいます。

「想いは伝えたけど、ダメだった。だから、別れを受け入れた」

この場合は、別れるときに悪い印象を与えていません。

自分の気持ちを理解してくれたことに対して良い印象を持ってくれている可能性すらあります。

そうすると、別れたあとに相手の気持ちが変わることも少なくありません。

すぐ復縁できる可能性がある状況だと思います。

振った側の事情で別れることになった

「仕事が忙しくて余裕がなくなった」
「なかなか会えなくて寂しい思いをさせて申し訳ないから」
「こんな自分とは不釣合いだから」
「他の異性と仲良くしていることに耐えられない」

このように、振られたほうに問題があったわけではなく、振った側の事情で別れることになった場合も、すぐに相手の気持ちが変わることが多いです。

嫌になったわけではない。好きなことに変わりはない。

こういう心境の人なら、すぐに復縁を決意するのは当然のことだと思います。

別れの原因を具体的に言われた

なぜ別れを選んだのか?

別れを告げるとき、その理由を具体的に伝える人はあまりいません。

今さら本当のことを言う必要はない、と考えるからです。

「好きなのか分からなくなった」とか、「気持ちが冷めた」とか、「将来が見えない」とか、抽象的なことを言う人が多いのも、そのためです。

そしてそれは、別れることしか考えていないからです。

わざわざ原因を説明しなくても、別れたいことが伝わればそれでいい。

はっきりと原因を伝えたら、「これから気をつけるから」とか「変わるから」と言われるかもしれない。そうなったらめんどくさいから、それを避けたい。

そう思っているから、「好きじゃなくなった」「嫌になった」ということだけを伝えるわけです。

そんな風に言われたら、振られたほうも別れを受け入れるしかありませんよね?

でも、別れの原因を具体的に伝える人もいます。

そういう人は、その人に変わってほしいと思っている可能性があります。

  • 別れを考えるほどそこが嫌だということ
  • 本気で変わってほしいと思っていること

それを分かってほしいわけです。これまで散々サインを出してきたのに、何の変化もなかったから。

つまり、本気で別れを決意したわけではなく、変わってくれることを期待して、その最終手段として別れ話を持ち出した可能性があるんですね。

その場合、自分のダメだったところを認め、相手にどんな思いをさせていたのかを理解できたことを伝え、本気で変わることを約束すれば、すぐ復縁できることが多いです。

ということは逆に、別れの原因を聞いても抽象的なことしか言われなかった場合は、復縁には時間がかかるかもしれない、ということでもあります。

交際期間が長かった

1年以上付き合っていた場合だと、別れてから相手の存在の大きさに気付くことがあります。

毎日のように連絡をしたり会ったりするのが当たり前だった日々がなくなったことを現実として受け止められない人もいます。

また、付き合いが長いほど思い出の数も多くなります。

相手が本気で別れを決意したとしても、別れて一人になると、ふとした瞬間にこれまでの思い出がよみがえってくることもあると思います。2人でよく行っていたお店の前を通るだけでも、別れた人のことを思い出すはずです。

当然、寂しさを感じることもあるでしょう。

こういったことから、交際期間が長かった場合はすぐに復縁できることが多い傾向にあります。

ただ、その反面、いろんなことが積み重なって別れに至るケースも多く、その場合は完全に気持ちが離れてしまっている可能性もあります。

「復縁は考えられない」「この人とは一緒になれない」

そう思われていたとしたら、復縁には時間がかかるかもしれません。

相手があなたに依存していた

「何をするにも一緒じゃないと嫌」
「どこに行くのにもついてきてほしい」

相手がこういうタイプだったとしたら、あなたに依存していたところがあったと思います。

その場合、別れてから大切さに気付く可能性があります。「やっぱり自分にはあの人が必要だ」と。

どうしても許せないことがあったとか、他の好きな人ができたとか、よほどの理由がない限り、すぐに戻ってきてくれることが多いケースです。

自分の浮気が原因で振られた

自分の浮気が原因で振られた場合は、意外とすぐ復縁できることがあります。

決して嫌いになったわけではないから。

浮気をされてショックだったと思います。裏切られた気持ちが大きく、もう信じられなくなっていると思います。

でも、好きな気持ちは残っていることが多いんですよね。

「好きだけど、許せないから別れを決意した。浮気をされるまで別れようなんて思ったこともなかったのに」

こういう人は、「やっぱり好きだからやり直したい」という気持ちになる可能性があります。

簡単には許してくれないかもしれませんが、誠心誠意、何度でも謝るべきだと思います。

別れてすぐ復縁できそうなのに実は時間がかかるケース

別れてすぐ復縁できそうなのに実は時間がかかるケースもあります。

それが、以下の3つのケースです。

  1. 話し合いをして納得して別れた
  2. 過去に自分から別れを切り出したときに「別れたくない」と言われたけど、今回は相手から振られた
  3. 前に相手から復縁を申し込まれたけど一度断ったことがある

話し合いをして納得して別れた

お互いが納得いくまで話し合いをした。

感情的になることもなければ、「別れたくない」とすがることも、復縁を迫ることもなかった。

いい別れ方のように思えるケースですが、このような場合、すでに相手は気持ちが吹っ切れていることがあります。

まず、相手から別れを切り出したのなら、別れたいと思っているのは間違いありません。

そして話し合いをして別れたことで、自分のその気持ちを理解してもらえて、納得してくれたと思っています。

つまり、その時点で相手の中では終わったことになっていて、もう完全にリセットしている可能性があるわけです。

復縁を申し込んでも、「えっ、話が違うよ」と思われるはずです。何度お願いしても、すぐには受け入れてもらえないと思います。

そうなったら、しばらく時間を置くしかありません。

過去に自分から別れを切り出したときに「別れたくない」と言われたけど、今回は相手から振られた

これまでに自分から別れを切り出したことがあって、そのときは相手に「別れたくない」と言われ、よりを戻した。

でも、今回は相手から別れを告げられた。

今度はこちらからお願いすれば別れずに済みそうな感じがすると思います。

でも、以前は別れを拒んだ相手が今回は自分から別れを切り出したということは、その決断に至るのに何か理由があったということです。

また、過去に自分のことを振ろうとしたのに、逆の立場になったら別れを拒むのを理解できない、何を考えているのか分からない、と思われることもあります。

いくら気持ちを伝えても、その気持ちを信じてもらえないことがあるんですね。

その場合は、いったん別れを受け入れるしかありません。

前に相手から復縁を申し込まれたけど一度断ったことがある

前に相手から復縁を申し込まれたけど、一度断ってしまった。

相手に振り回されるのが嫌だったり、相手が何を考えているのか分からなかったり、意地を張ったりしていて、未練はあるけど断る人もいます。

そのときにはやり直す気がなくて断ったけど、その後、気持ちが変わった人もいるかもしれません。

この場合、相手が復縁を望んでいるのが分かっている状況です。普通に考えたら、こちらから復縁を申し込めばいいだけのように感じると思います。

でも、その時点で相手が別れを受け入れていて、前だけを見ていたとしたら、断られることがあります。「前に復縁を断られた時点で、もう自分の中では終わったことだから」と。

完全なすれ違いですね。

こうなると、すぐによりを戻すのは難しくなります。

復縁までに時間がかかるケース

復縁までに時間がかかる代表的なケースは、以下のとおりです。

  • 別れてから連絡が取れなくなっている
  • 連絡は取れるけど避けられているように感じる
  • 嫌なところがあって耐えられなくなった
  • 価値観の違いや性格の不一致が原因で振られた
  • 相手に気になる人や好きな人ができた

これに当てはまる場合は、時間をかけて慎重に進めていく必要があります。

連絡が取れなくなっている、避けられている

連絡が取れなくなっている場合や、連絡は取れるけど避けられているように感じる場合は、距離を置きたい、今はかかわりたくない、と思われている可能性があります。

しばらく時間を置かないと、その気持ちが変わることはないと思います。

嫌なところがあって耐えられなくなった

嫌なところがあって耐えられなくなった場合は、そこの変化が伝わらなければ、復縁を受け入れてくれることはないでしょう。

まずは自分自身が変わる必要があり、そのためには時間を要すると思います。

価値観の違いや性格の不一致が原因で振られた

価値観の違いや性格の不一致が原因で振られた場合は、すぐにはどうすることもできません。合わない人とやり直そうとは思いませんからね。

でも、時間が経つと共に、合わないという印象は自然と薄れていきます。いろんな思い出がよみがえってきて、楽しかった頃のことを思い出すこともあります。

そうすると、「合わないと思っていたけど、楽しかったこともたくさんあったな」とか、「合わないというよりも、自分が受け入れてあげられなかっただけかも」と思うようになり、それで復縁できることも少なくありません。

どちらにしても、一度完全に関係をリセットする必要があります。

相手に気になる人や好きな人ができた

相手に気になる人や好きな人ができた場合は、もう気持ちは完全に離れていて、その人のことしか考えられなくなっていると思います。

一刻も早く別れたい。そして、その人と付き合いたい。

こう思っている可能性が高い状況です。

相手を引き止めようとすればするほど、好きになった人への気持ちが大きくなるという悪循環に陥ることもあります。

相手が本気なら、別れを受け入れるしかありません。

その後、実際に付き合い始めた場合は、かなり時間がかかると思います。

別れてすぐに復縁をしたい人がやるべきこと

まず、自分から振った場合やケンカ別れをした場合は、すぐに謝罪をして、復縁を申し込んでください。

それ以外のケースでは、とりあえず2週間くらいは様子を見たほうがいいでしょう。

その理由は、以下のとおりです。

  • 振られたときに「別れたくない」と言っても相手の気持ちが変わらなかったのなら、すぐに復縁を申し込んでも断られる可能性が高いから。
  • 別れた直後はお互いが感情的になっていて、冷静に話ができないことが多いから。
  • 少し時間を置いたら相手の気持ちが変わることがあるから。
  • 友達に戻れている場合は、しばらくその関係を続けていると、「やり直したい」と思ってもらえることがあるから。

すぐ復縁できる可能性があるとはいえ、相手が別れを決意した事実に変わりはありません。1~2週間でその気持ちが変わることは少ないと思います。

そこで焦ってしまうと、さらに状況が悪化してしまうこともあります。

また、ここで挙げたケースの場合、こちらから復縁を申し込まなくても相手が戻ってきてくれることがあります。リスクを犯してまで何かをしようとする必要はないと思います。

ここがポイント!

想いを伝えるのは、2週間くらい時間を置いてからにしてください。

そのくらい経てば、お互い冷静さを取り戻せているはずです。落ち着いて話ができると思います。

できれば友達に戻ることを目指したほうがいい

すぐにでも復縁したい方は、一日でも早く気持ちを伝えたいと思っているはずです。

でも、できればまずは友達に戻ることを目指したほうがいいと思います。イチかバチかの賭けをしてなくても、相手の反応を見てからでも遅くはないのではないでしょうか。

本当にすぐ復縁できる状況かどうかもわかりません。

ここがポイント!

2週間くらい空けていきなり復縁を申し込むよりも、しばらく友達関係を続け、そのなかで手応えを感じてからにしたほうが確実だと思います。

すぐ復縁できる状況なら、別れた直後でも連絡を取ることや会うことができるはずです。

とりあえず別れた2週間後くらいに連絡をしてみてください。

それで返信がない場合や相手の反応が素っ気ないように感じた場合は、すぐに復縁をするのは難しいかもしれません。

その場合は一旦引き下がったほうがいいでしょう。2か月くらいは冷却期間を置くようにしてください。

そして、その後また連絡をして、友達関係を作ることを目指してください。

変わることを伝える

復縁を申し込むときには、別れの原因に触れ、自分の非を認め、本気で変わるということを伝えるようにしてください。

その言葉がないと、相手もよりを戻そうとは思わないだろうし、あなたの決意も伝わらないから。

自分のこういうところがダメで、そのせいでこんな想いをさせていたと思うから、こうなれるように本気で変わる

こういうことを伝えるようにしてください。

断られた場合は冷却期間を置く

復縁を断られた場合は、すぐにどうにかなる状況ではないと判断してください。

そこから復縁をするためには、冷却期間が必要になります。

状況によって変わってきますが、基本的には2~3か月を目安にするといいでしょう。

  • 自分のダメだったところを改善すること
  • 自分磨きをすること

この2つを意識して過ごすようにしてください。

そして、冷却期間が終わったら連絡をしてみましょう。

すでに2週間以上経っている場合は?

別れてからすでに2週間以上経っている場合は、復縁を申し込みたくても、いきなり復縁話をするのはやめたほうがいいと思います。

もう相手は気持ちを切り替えている可能性があるからです。

そのタイミングでこちらから復縁を申し込んでも、良い返事がもらえないことが多いんですね。

でも、友達に戻れたら、すぐに相手の気持ちが変わる可能性がある状況でもあります。

なので、別れてから2週間以上経っている場合は、やはり友達関係を作るところから始めるべきです。しばらく連絡を取っていないのであれば、一度LINEかメールを送ってみるといいでしょう。

それで返信が来て、普通に接してくれたら、定期的に連絡を取るようにするといいと思います。会う流れになれば、会って構いません。

そうやって友達関係を続けながら、しばらく様子を見てください。

もし良い感触が得られたら、そこで復縁話をしてみましょう。

連絡をしても返信がなかったり、相手の反応が悪かったりしたら、2~3か月を目安に冷却期間を置くようにしてください。

すぐに復縁したい人がやってはいけないこと

すぐに復縁したい人がやってはいけないことは、以下のとおりです。

  1. しつこく復縁を迫る
  2. 相手の気を引こうとする
  3. 友人に相手の悪口を言う

この3つのことはしないように気をつけてください。

しつこく復縁を迫る

振られたときに「別れたくない」と言うのは何の問題もありません。言わないほうが不自然なくらいです。

後日、「考え直してほしい」と改めてお願いするのもいけないことではありません。

でも、それだけ想いを伝えてもダメだった場合は、今はやり直す気はない、ということです。それがその時点での相手の本心です。

すぐ復縁できる状況でも、そこでしつこく復縁を迫ったら、確実に状況が悪化します。

「やり直したい」と言い続けるだけで相手の気持ちが変わるものではありません。相手にも考える時間が必要です。

復縁を迫ったけど断られた場合は、まずは別れを受け入れるようにしてください。

相手の気を引こうとする

「もう諦めて次に進む」とか、「気になる人ができた」とか、「実は結婚を考えていた」とか、こういったことを言って相手の気を引こうとする人もいます。

でも、こういうことをするのはやめたほうがいいです。

魂胆がバレバレで、よくない印象を与えてしまうからです。

別に伝える必要がないことをわざわざ伝えるのはやめましょう。

友人に相手の悪口や別れたときのことを話す

共通の友人がいる場合、その人に相手の悪口や愚痴を言ったり、別れたときのことを話したりするのもやめたほうがいいと思います。

「○○ちゃんがこんなこと言ってたよ」「○○から話を聞いたけど、それはちょっとひどいんじゃない?」

こんな風に、友人が相手に話してしまう可能性があるからです。

自分のことを悪く言われたら、誰だっていい気はしないと思います。それを友人に話していたことを知ったら、むかつく人も少なくないでしょう。

2人のことを他人に話す神経が理解できない、と感じる人もいると思います。

こうなるとかなり印象が悪くなります。気をつけてください。

まとめ

別れてすぐ復縁できる可能性がある状況と、すぐに復縁をしたい人がやるべきこととやってはいけないことについて解説してきました。

ここで挙げた状況の人は、それほど時間がかからずに復縁できるかもしれません。

ただ、相手の気持ちは誰にもわかりません。これからどう気持ちが変化するかもわかりません。

そのため、まずはいったん別れを受け入れ、冷静になること、そして相手の反応を見ながら判断することが重要です。

焦らずに進めることが、すぐに復縁できる確率を高めることに繋がると思います。